PANGON SLOW LIFE

やや大きめニャンコPan! おっとり、まったり、時々悪ねこな日々!           なんとなくの写真も・・

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でかい!orふとい?

2010-07-15
出会い猫
くつろいでるPan。


07143.jpg


よく言われるのが・・・


大きいなぁ!!



普段Panしか見てない私はピンときません。


07142.jpg
顔も足もこう見ると確かにでかい(^.^)


体重6キロ超え・・・やっぱでかいか!・・・いや・・おでぶか?((+_+))





。。。。。。。。。

今日は一カ月前の命について考える出来事を書きます。 長文です。 

6月14日(月)の朝、仕事に出かけた夫から電話!

「無理やとは思うけど・・金曜日から歩道の脇でうずくまってる猫がおるねん。」


「えっ!」


「餌だけでもやってくれへんか

「大人の猫?それとも子猫?」

「わからん・・たぶん子猫やと思う。」

「・・・」

この電話の後・・色々考えました。保護して病院に連れて行って、その後どうしよう??
Panと一緒にできるのか?
Gontaの様なことになるのは嫌だし
Panと同居となると、慣れるまでずーっと一緒にいて様子を見とかないといけない
でも・・人間の住居とPan部屋は離れてるので、それができるのか?・・・
など、頭の中でいろんな事を考えながらその猫さんがおるであろう場所へ。

ぱんきーママさんに連絡をしてついて来てもらいました。  急なお願いに付き合ってもらい感謝です。


夫に聞いた場所についてすぐにわかりました。 (小さいけどどうみても成猫)

信号のある交差点のすぐ横の歩道でうずくまってる猫。

見た瞬間、あぁぁダメだ・・・と思いました。  もう息絶えてるのかと、思いながら傍へ


少し触れてみると・・「にゃ~」とか弱く鳴いて、頭をあげた。

生きてる!

でも目の焦点はあわず、首をあげるとずっと揺れてる(ひどい脱水症状になるとこうなるらしいです)

ぱんきーママさんとしばらく悩みました。

どうみても助かりそうもない命。この状態で私たちが触っていいのか?

それでもとりあえず、少し場所を移動してウェットフードをあげてみると



一生懸命食べるんです!意識がモウロウとしながらも、一生懸命食べるんです!

あ~この子は生きたいんだ!


そうなんだ!そうだったらゴチャゴチャ考えるよりまずは病院に連れて行こう
一緒にいてくれたぱんきーママさんも同じ思いでいてくれたようで
保護して病院に走りました。



なんだか書いてて感傷的になってきた・・続きは次にします。  すいませんm(__)m






にほんブログ村 猫ブログ MIXその他猫へ
にほんブログ村

ありがとう
スポンサーサイト

Template: greentea2cL1

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © pangon(たかちん) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。