PANGON SLOW LIFE

やや大きめニャンコPan! おっとり、まったり、時々悪ねこな日々!           なんとなくの写真も・・

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似てますか?

2010-07-16
出会い猫
今朝は子猫さんに会いました(^.^)


07164.jpg


大きくなってた!

この子のお母さんはPanのお母さん?・・・(ワンちゃんの散歩されてる方情報)




07165.jpg

似てますか?




07161.jpg



似てるかなぁ~?



どうなんだろ?




07162.jpg
似てねぇし・・・



似てねぇなっ・・・(@_@;)




。。。。。。


保護猫さん。   (かなり長文になってしまいました)





病院に連れて行き、先生のまず発した言葉は

「うーーーん・・・これは・・とりあえず血液検査するわ」

結果は

極度の脱水症状と極度の貧血そして体中に広がってる疥癬

「まずこれだけカビにやられると、食べれなかったやろうし・・う~ん
 これだけの脱水症状だと・・すぐに回復はなかなか難しい。
 その上この貧血は今生きてるのが不思議な数値・・とにかく点滴して
 ほかの検査もしてみるわ・・」

その間診察台の上で、必死に立ち上がろうとし目を開けてくれました。

大きい目をしていて、元気だったらきっとかわいい顔をしてんだろうな・・。

「とにかくこちらで預かるわ。」

それから家に帰り、保護猫さんを迎えいれる準備をしました。

Pan部屋からケージを出して、Gontaがいた家の下にとりあえず置いて
トイレの用意などなど


そしてよる9時頃先生からのtellがあり

あれからかなりの量の点滴をした事、少し元気にはなってるが症状はまったく改善してない事、
そして検査の結果、エイズ・白血病陽性・腎臓の機能も貧血も以上に悪い数値が出てる・・・の報告。

「貧血の数値でいくと、本当に今こうして生きてるのが不思議な状態やねん。
 もしも交通事故の出血でこんな数値になってるのなら、死んでるやろうけど・・
 この子の場合はおそらく、病気で少しずつ貧血になっていってるから
 今こうして生きてられるんやと思う。もうまったく血液を作ってない状態・・」

「・・・」

「輸血も考えたけど、エイズと白血病が陽性という事は、発症してこうなってる可能性が高い
 だから輸血しても一時的なもので、治る可能性はゼロだと思う。
 今鳴いてるけど、鳴き声聞こえますか?
 本当に今こうしてるのが不思議やで・・」

電話のむこうでは、猫さんのかわいい鳴き声が聞こえてました。


結局、先生がおっしゃりたいのは・・・



安楽死・・・   を考えてほしい ・・・  ということ・・・


「・・・」


「飼い主さんじゃないのに、こんな判断をしてもらうのは、心苦しいのやけど・・」


「いえ。連れていったのはこちらですから、その責任はあるんだと思います・・。」


「それにしても、今は鳴ける位元気なんだけど、
 普通こんな状態なら意識がもうろうとしてるはずなんだけどな?!」


「保護しようとした時に、お水は飲まなかったんですけど、ウェットフードは必至で食べたんです。
 それで、助かる可能性があるのかもと思って、そちらに連れて行きました。」


「えーーーーー!この状態で食べたの!本当に!?うーーーん・・・
 そうかぁ食べたのか!・・・そうか食べたか・・凄いな!
 もう少し点滴もしてみようか。僕ももう少しここにいて様子をみとくわ。

 明日の朝、とりあえず電話いれるわ!」




一晩、色々考えました。





今日出会った猫さんの生死を私たちが決めていいのか
病院など連れて行かずに、どこか人眼につかない場所に動かしてあげて
静かにさいごの時を迎えさせてあげた方が良かったのか・・


なんだかやるせなくて・・しまいには、電話してきた夫に腹が立ってきたりして


朝8時すぎ


病院から電話





「夜中のうちになくなりました」




「今、体を綺麗に洗ってあげてます。
 頑張ってたんだけどなぁ。
 診察時間がきたら引き取りにきてもらえますか・・」

先生も少し涙声に聞こえました。


結局


何もできなかった。

余計な事をしただけだったのか?・・・ただ命の時間を長らえただけ・・

これが平均寿命2.3歳といわれてる野良猫の現実なんですね。



しばらく落ち込みました。





でも・・・最後に長い時間食べれてなかったであろうご飯を食べて
外的に狙われる心配もなく、静かに旅立てる時間をもてた事を少しでも幸せに感じてくれていたらいいのにな

そう思う事にしました。(勝手な言い分かもしれませんが・・)




結局何もできなかった事を長々と書いてしまいました・・・すいません。




何の欲もなく、ただひたすら生き続ける為だけに、必死な猫さんがいた事をただ伝えたくて




アートワーカーさん。こんな結果の報告内容なだけでごめんなさい。

最後までお付き合いしてくれた、パンキーままさんありがとう。





07144.jpg
僕は幸せよ(^_-)


せめて我が家に来てくれたPanの猫性、幸せにしてあげようと思います(^^)










にほんブログ村 猫ブログ MIXその他猫へ
にほんブログ村

ありがとう

コメント

想像はしてましたが、やはり・・
野良猫の現実とは厳しいのですね

あなたのした事は決して余計な行為ではありません。
生きようとするものへ手を差しのべてあげるのは素晴らしい行為です。

私もきっと最後は皆の優しさで幸せを感じてくれたと思いますよ・・

読んでてシンミリしましたが、「電話してきた夫に腹が立ってきたりして・・」のとこだけ笑いました^^;

Re: タイトルなし

> アートワーカーさん
ありがとうございます。



コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL1

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © pangon(たかちん) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。